支援信託導入の背景

Pocket

成年後見制度が発足した当初、後見人を務める人物の殆どが家族もしくは親族でした。これは同制度の主目的が、当事者の財産を含む日常生活が無意味に脅かされる状況を回避であり、見守りつつ時に重要な決定を当事者に代わって行う後見人に対し、一定の権限を与える事で対応を図る制度としてスタートしました。ですが「身内」という距離感が結果、後見人による当事者の財産の横領なる悪しき傾向を加速させてしまい、放置すれば同制度自体の信頼性が危うい状況となってしまいました。

そこで新たに考案されたのが支援信託制度であり、これは後見人を必要とする方々の財産を、当事者が日常生活に於いて使用する分を除き、信託銀行に信託する形を採り、横領被害を防ぐ目的で導入されています。ちなみに信託制度の解約に際しては、家庭裁判所の指示書を準備せねばならず、後見人が無断で密かに解約から横領に至るリスクを力強く抑制しています。ちなみに一連の手続きの流れに関しては、司法書士事務所の公式サイトなどで分かりやすく解説されていますので、口コミ情報などは避け、こうした信憑性に不安の無い情報の閲覧を通じての確認作業もまた、正しい知識を得る上で有効です。

参考リンク・・・スター綜合法律事務所|成年後見制度支援信託弁護士相談