利用に際しての流れ

Pocket

成年後見制度支援信託利用に際しての流れを事前に把握しておく作業は、より確実に当事者の財産を保護する上で非常に重要です。

まずは申請に対し、所定の審査が行われ、最終判断は裁判所が下します。ここで制度の利用が必要との結論になれば、後見人に司法書士などの専門職後見人を選任します。その上で専門職後見人が再度、支援信託制度の利用の必要性を総合的に検討の上、正式に利用が必要との結論に至れば、家庭裁判所に対して所定の報告書が提出されます。ここまでの流れが制度の利用の「申請」の段階です。

この申請に対し、家庭裁判所から提出される所定の指示書を信託銀行に提出する事で、信託契約を締結します。この一連の作業は後見人に委ねられた代理権に基づく代行となります。その後裁判所から認定された専門職後見人としての役割が完了すれば、当該後見人は責務を離れ、それまで管理を担当していた当事者の財産管理を、親族の後見人に委ねる形での辞任となります。

以上の一連の流れを通じ、成年後見制度支援信託の適正な利用開始となります。ちなみに同制度の利用開始後、信託金の一部を当事者の生活費等に充当すべく引き出す行為などに際しても、家庭裁判所に事前申請から指示書の発行を受け、信託銀行にその都度提示する必要があり、十分な時間的余裕を逆算しての対処が求められます。

支援信託導入の背景

Pocket

成年後見制度が発足した当初、後見人を務める人物の殆どが家族もしくは親族でした。これは同制度の主目的が、当事者の財産を含む日常生活が無意味に脅かされる状況を回避であり、見守りつつ時に重要な決定を当事者に代わって行う後見人に対し、一定の権限を与える事で対応を図る制度としてスタートしました。ですが「身内」という距離感が結果、後見人による当事者の財産の横領なる悪しき傾向を加速させてしまい、放置すれば同制度自体の信頼性が危うい状況となってしまいました。

そこで新たに考案されたのが支援信託制度であり、これは後見人を必要とする方々の財産を、当事者が日常生活に於いて使用する分を除き、信託銀行に信託する形を採り、横領被害を防ぐ目的で導入されています。ちなみに信託制度の解約に際しては、家庭裁判所の指示書を準備せねばならず、後見人が無断で密かに解約から横領に至るリスクを力強く抑制しています。ちなみに一連の手続きの流れに関しては、司法書士事務所の公式サイトなどで分かりやすく解説されていますので、口コミ情報などは避け、こうした信憑性に不安の無い情報の閲覧を通じての確認作業もまた、正しい知識を得る上で有効です。

参考リンク・・・スター綜合法律事務所|成年後見制度支援信託弁護士相談

成年後見制度の重要性

Pocket

今日でこそ家族親族以外の第三者が成年後見人となるケースも珍しくありませんが、導入当初はやはり、親族の中から後見人を選ぶのが一般的でした。成年後見を必要とする当事者にとって身近な親族が付き添う環境は、他人の第三者がプライベートゾーンに常に関わる事で生じるストレスの懸念も小さく、非常に好ましいスタイルと言えますが、同時に見過ごせぬ残念なリスクが否定出来ません。ズバリ後見人が当事者の財産を使い込んでしまう展開がそのリスクであり、実際にこうした事例が後を絶たず、さりとてこうした状況を、経済社会に於ける「止むを得ない部分」として放置する訳には行きません。

こうした後見人による横領が横行してしまえば、成年後見制度自体の信用にも多大なる悪影響が否めません。勿論当事者の金銭面の被害も甚大ですが、こうした傾向が加速する中、成年後見制度自体が揺らいでしまえば、後見人を必要とされる方々の安全な日常生活と環境維持が、最悪十分に叶わぬ世の中に逆行してしまい兼ねません。こうした負のスパイラルに陥る流れを防ぐべく、最高裁判所が中心となって新たに導入された制度、それが後見制度支援委託です。ここでは以下、この多くの方々にとってはおそらく耳慣れぬ制度の概要と、実際に利用するに際しての流れなど、関連知識をご紹介申し上げます。成年後見制度を適正に保つ上で重要な役割を担う、後見制度支援信託の導入がもたらした数々のメリットを含め、ぜひこの機会にご参照からご記憶に留めていただければ幸いです。